2017-02-21

竹眼鏡

眼鏡を壊してしまった。困っていると、祖父が作ってやるという。竹ひごを持ってくるようにいわれるが、そんなものうちにあるのだろうか。二階の押し入れを開けると、奥のほうに細い棒状のものが見えた。手を伸ばして取ると、それは羊皮紙を巻いたもので、さらさらと開いてしまった。ふと見ると手前のかごに長さがまちまちな竹ひごが入っていたのでそれを祖父に渡すが、後になってあれは柳ではなかっただろうかと心配になる。祖父のライバルとその母親が眼鏡のことを探り出そうとあれこれ聞いてくるので、のらりくらりとかわす。それにしても、竹ひごで眼鏡をつくるなんて大丈夫なのだろうか、ちゃんとできるのだろうかと不安になり、祖父の部屋を覗く。大方出来上がったフレームを見て、予想以上によくできているので感心する。あ、でもレンズは、と思ったちょうどそのときに、薄い赤紫色のだぶだぶのコートを着た祖父が袋を提げて帰ってくる。袋には丸いレンズがふたつ入っていた。度数もなにもいってないのに、と思いながらレンズを見ると、「2.90」「2.80」と刻印がある。これは老眼鏡ではないのだろうか。しかもかなりきつくないか。そんなのかけて歩けるのか。どっちが右でどっちが左だ。それより顔色とそんなに変わらない竹のフレームでは締まりのない顔に見えるのではないか。公園のベンチに座って悩んでいると、祖父のライバルが自分がつくってやろうと言い出し、その母親もそうしてもらいなさいよなどというのをなんとか断って祖父のところに行く。祖父は写真を撮ってやるといって押し入れのふすまを開け、カメラを出してくる。もう眼鏡はできていた。フレームには黒いエナメル様の塗料が塗られて、竹でできているとは思えない仕上がりに驚く。ちゃんと鼻当てのパッドもついている。耳にかけるところには蝶番がついていて、長方形の中心にハート形の立体的な飾りが施されている。かけてみると、とてもよく見えるので軽くショックを受ける。指に塗料がついた。
#夢

2017-02-20

日々雑記 2017 Feb. #2

11日(土)

起きたら雪が降っていた。まずい。今日は山にいかねばならんのに。と思っていたらだんだん小降りになった。

昼めしは、キャベツとにんにく炒めスープ、ペンネ・アラビアータ(っぽい何か)。


寒いので、あれよあれよといううちに冷めていく……

食べたら出かけます。アサヒビール大山崎山荘美術館に「開館20周年記念 ロベール・クートラス 僕は黄金の小さな手を探す」を観に行くのだ。心配だった雪は、午後はちらつく程度でよかった。午後に出かけたのにはわけがあって、会期中第2・第4土曜日は午後2時からギャラリー・トークがあるから。これはほんとうに狙って行ってよかった。展示についてはまたいずれ。しかしクートラス作品を観ていると、現在神戸で開催中の展示が頭にちらつくなあ、と思っていたら、帰りの駅でポスター発見。


次回はこれ、『アドルフ・ヴェルフリ展』かな。大阪のクラーナハ展のほうが先になるかも。

夜は蕎麦屋で一杯飲み、上機嫌で帰りました。


12日(日)

朝めしはパン粥。


昨日の残りのキャベツとにんにく炒めスープを利用。

三日ほど前から同じ階のご近所さんがタイコの練習をしている。今日はとある祭りがあるのでその練習かと思っていたところ、外から祭りのタイコが聞こえているというのに、ご近所さんは独自に練習を続けておられる。無関係だったらしい。ところであれはほんとうに和のタイコなのだろうか。ずっと聴いていてもリズムらしいリズムが聞き取れないので、なんか和の「間」とかいうやつなんだろうと思っていたけど、ひょっとしたらあれは洋のドラムで演者のリズム感の問題なのではという疑惑が急浮上。それかとてつもない変拍子やってるか。8分の21とか。


13日(月)

ご近所さん、今日はタイコの練習してないな。


14日(火)

あるときわたしは、なるべく怒らないで生きていこうと決めた。怒ることで損をするのは自分だと思うから。本日、とある店からカタログが送られてきた。「お誕生日特別割引チケットをお送りさせていただきます。受け取った日からお誕生日の15日後までの間、商品が割引になる特別パスです」と記された紙が同封されていた。


ところで本日は、お誕生日から13日後である。怒りはしないが、ちょっと呪った。

おやつに黒豆を煎った。


ちょっと煎りすぎたけど、うまい。豆をぽりぽり食べながら聴いているのは、これ。


フェルナンド・ペソアの詩に曲をつけて歌ってるの。2013年のアルバム。曲は現代的なファドで、なかなかよいです。


15日(水)

朝、ウチを出るのが2分遅かったために、最終的に遅れが1時間に膨れ上がるというイナカあるある体験をした。しかし電車が30分に1本、その先のバスが1日7本というタイムテーブルなので、もともと待ち時間が1時間以上あり、とはいえ駅前に呼んだタクシーが来るまで20分かかるなどスリリングな瞬間もあったが、現場到着に遅れなしというミラクル。

おやつ。


帰りに買ってきた「チーズ職人」という小っさいケーキ。軽くておいしい。「スイス菓子 ローヌ」さんの製品。ここのケーキは質(オーナーさんはドイツ及びオーストリアの国家マイスターの称号をお持ちなのだ)のわりにはお値段が高くなくて素晴らしい。カフェのケーキセットなんてあなた、ケーキにアイスにサブレにドリンクで税込み650円ですよ。まあね、つい最近まで甘いものが一切食べられなかったので「質」をどうこういえるほどケーキ食べたことないんですけど、おいしいと思いましたよ。

晩めしはスパゲッティ・ぼんごれ(なんか平仮名で書きたい)ビアンコ(これは片仮名でいい)。



殻付きだと見た目はゴーカだけれども、身は殻からはずしておいたほうが食べやすい(反省点)。


16日(木)

朝めしは乾燥野菜のオートミール粥。


スープ用の乾燥野菜、便利。

夜、なぜか突然砂鍋(深さのある中国の土鍋)がほしくなって、ネットで探してみたところ、高くて吃驚した。昔、中国製品を扱う店で50円で売っていたのを知っているので、2,000円超えるなんて、ありえなく高く感じてしまう。50円(20年以上前の話だけど)のはなんぼなんでも安すぎると警戒して買わなかったのだけど、あれ買っておけばよかったなあ。


17日(金)

結局一晩眠れなかった。夜は明けても、天気が悪くて灯りを点けないといけないのだな、今日は。

朝めしはレンズ豆スープ(カレー味)。


スープ用干し野菜使用。これはスペインの製品で、何種類かあるのだけど、パッケージのままだと使いにくくて瓶に詰め替えているため、何スープ用ミックスだかわからなくなってる。たぶんパプリカが入っている。

午後、実家からモチと野菜が届いた。モチは明日食べる分を水餅にしておいて、あとは冷凍した。ちょうどキャベツを買ったところだったので、いま我が家にはキャベツが2玉……

昨日の砂鍋で思い出したが、よく考えたら我が家にはいただきもののトゥッペギがあったのだった。一度これでごはんを炊いてみよう。蓋はないけど、なんかテキトーにかぶせといたらいけるやろ。

というわけで、晩めしは、トゥッペギ再発見記念チゲ。


ちなみにレシピは以下の通り。

材料:ごま油、白菜キムチ(汁も)、にんにく(すりおろすかつぶしておく)、しょうが(すりおろすかせん切りにしておく)、水、味噌、粉唐辛子、納豆、豆腐、ねぎ、お好みの魚介、お好みの野菜。

つくり方:
① 鍋にごま油を熱して、汁気を切ってひと口大に切った白菜キムチをよーく炒める。
② キムチがよく炒まったら、にんにくとしょうがを加え、さらに炒めて水とキムチの汁を加えて煮る。
③ 味噌を溶き入れ、粉唐辛子と納豆を加え、よく混ぜてさらに煮る。
④ 土鍋に適宜切った豆腐、魚介、ねぎ、野菜を入れておいたところに③のキムチスープを注いで火にかけ、煮えたら食う。

わたしは牡蠣でつくるのが好きだけど、今日は売り切れていたので鱈で。野菜はにんじんと白菜としいたけ。ビールか焼酎が欲しい(いま梅酒とラム酒しかない)。


18日(土)

昨日の夜から調子が悪く、風邪を引いたかと思ったが気のせいだったらしい。しかし調子よいわけでもなく、食欲もないので、朝はモチだけにしよう。

水餅にしておいたのを、


水から出して、皿に乗せ、


レンジにかけると、こう。


これに納豆をね


よいものですよ。

晩はこれに大根おろしでからみ餅(一味唐辛子を振りました)。


子供のころ、母の実家に餅つきの手伝いに行って、つきたてを小さくちぎっては、たっぷりつくった大根おろしにつぎつぎ放り込んで、からみ餅にしてくれたのを食べるのが楽しみだった。モチの食べ方としては、いちばん好きかもしれない。それにしても、餅は平仮名で「もち」と書いても片仮名で「モチ」と書いてもかわいいね。


19日(日)

夜明けごろまで布団でナタリア・ギンズブルグ『ある家族の会話』(須賀敦子 訳 白水Uブックス)を読む。読むのは何度目かになるけど、この人の文章はやはり好きだ。なぜか気分が落ちたときに読みたくなる。現代イタリア史において極めて厳しい時代を背景に、ひとつの家族に起こったあれこれが淡々と綴られている。気難しい父に朗らかな母、個性豊かなきょうだいたち。生活のなかの楽しみも、他愛のない会話も、人種差別政策下の不安も、父・兄弟たち・夫の逮捕・投獄、そして夫の獄死も、同じ静かな調子で語られる。抑制がきいているということは、必ずしもそこに流れている感情が希薄だということを意味しない。感動は、必ずしも感情を煽るような文章に呼び起こされるものではない。

4560071209ある家族の会話 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)
ナタリア ギンズブルグ Natalia Ginzburg
白水社 1997-10by G-Tools

少し眠って9時ごろ起床。朝は珈琲のみ。

昼は残りごはんをあっためて、じゃこおろしたぬき丼(芸のない名前だな)と、わかめの味噌汁。


ごはんに天かす、酒と水に浸しておいたちりめんじゃこ、大根おろしを乗っけて醤油をかけただけ。青じそかねぎがあればなおよし、なのだけど。

おやつ。


珈琲に、オート・クリスプ・ビスケット。

晩めし用にゲット。


税込み30円!みぞれ鍋にしました。


20日(月)

フリオ・リャマサーレス『黄色い雨』(木村榮一 訳 河出文庫)を読み始めた(『ティラン・ロ・ブラン』はどうした)。雨降ってるから(関係ない)。以前単行本で読んだときにも気になったのだけど、「黄色い雨」の語り手の「~だろう」は推測なのか未来なのか。原文見たらわかるのだろうか。(スペイン語読めないけど)

4309464351黄色い雨 (河出文庫)
フリオ リャマサーレス Julio Llamazares
河出書房新社 2017-02-07
by G-Tools

晩めしはにゅうめん。


天かすの消費期限が過ぎたので、積極的に使用していく所存。

今日はやらないといけないことが何ひとつやれなかった。雨降ってるから(関係ない)。

2017-02-10

日々雑記 2017 Feb. #1

1日(水)

このところ、眠りが途切れがちで疲れる。


2日(木)

昨夜は一睡も(文字通り)できず、ナタリーア・ギンツブルグ『夜の声』(望月紀子 訳 未知谷)が読めてしまった。望む愛を得られない人々の焦燥と孤独、ただごとでない閉塞感が、一人称の淡々とした口調で語られる。上滑りする会話、いや「発話」がぶっきらぼうに並べられ、すれちがい、かみ合わなさが強調される「夜の声」がすごかった。構成も見事。


4896424999
夜の声
ナタリーア ギンツブルグ Natalia Ginzburg
未知谷 2016-06by G-Tools



3日(金)

某店より「ハロウィーンについてアンケートご協力のお願い」というメール。フォームを開いてみた。

「昨年のハロウィーンはどのように過ごしましたか」―「何もしなかった」にチェック
「ハロウィーンのために何か購入しましたか」―「何も買わなかった」にチェック
「なりたいキャラはありますか」―……ない

ご協力しないほうがよかろうと判断し、フォームを閉じた。

ご近所さんが焼いているいわしの匂いで、節分用にいわしを買っていたことを思い出した。


お察しのとおり、商品名にやられたのだ。豆も煎ろうと思ったが、肝心の大豆がなかった。それにしても、豆を歳の数だけ食べる意義がわからない。お年寄りになると相当つらいのではなかろうか。


4日(土)




ソパ・デ・アホ。




残りごはんに残りいわし、インスタント味噌汁(長ねぎとわかめ)。




キムチ雑煮。


写真掲載に関する問い合わせをサボっていたため、1月はじめの旅記録をいまごろアップ( → 「鳥取右往左往――冬の18ゲゲゲ旅 境港編(1)」 )。いざ問い合わせたら、すぐに丁寧なお返事がいただけたのだった。


5日(日)

昔撮ったフィルム写真を発掘。


京都御所の白梅。

意外に長編化してしまった記事の続き。( → 「鳥取右往左往――冬の18ゲゲゲ旅 境港編(2)」 )


6日(月)

ひょっとしたらなくしたかも、と思っていた某所の源泉徴収票が本日届く。遅いよ。

記事続き。( → 「鳥取右往左往――冬の18ゲゲゲ旅 境港編(3)」 )

本日の寝かしつけはヴィスワヴァ・シンボルスカ『終わりと始まり』(沼野充義 訳・解説 未知谷)。

4915841510終わりと始まり
ヴィスワヴァ・シンボルスカ 沼野 充義
未知谷 1997-06by G-Tools


7日(火)

何冊か注文していた書籍を受け取りに書店に出かけたが、そのうち1冊は明日の入荷とのことで手ぶらで帰る。入荷連絡が来てから行くべきであった(当たり前だ)。

機結びでしのいでいた照明のヒモスイッチが完全に切れた。点灯した状態で切れたのであれば、壁のスイッチで操作できるけど、消灯のときに切れてしまったので、分解修理するしかないのだけど、そんな根性ないので、1灯ソケットを買ってきた。いざ通そうとすると、前のものと形状が違って通らない。しかたなく接合部分の部品を半分以上切り取ってなんとか通した。いつか頭に落ちてくるかもしれん。

記事続き。( → 「鳥取右往左往――冬の18ゲゲゲ旅 境港編(4)」 )

境港編はこれにて了。


8日(水)

フリオ・リャマサーレス『黄色い雨』(木村榮一 訳 河出文庫)、近藤ようこ / 夏目漱石『夢十夜』(岩波書店)を購入。

4309464351黄色い雨 (河出文庫)
フリオ リャマサーレス Julio Llamazares
河出書房新社 2017-02-07by G-Tools


4000254251夢十夜
近藤 ようこ
岩波書店 2017-01-20by G-Tools

懸案のJ. マルトゥレイ / M. J. ダ・ガルバ『ティラン・ロ・ブラン I 』(田澤耕 訳 岩波文庫)を読み始める。ウォーウィック(ウォリックでなく??)伯ウィリアムがエルサレム巡礼への出立を妻に告げる場面、
 伯は幼い息子の髪を掴んで引っ張り上げると、頬に平手打ちをくれて、こう言った。
 「さあ、泣け我が子よ。父の悲しい出立を母とともに嘆くのだ」
 三ヵ月になったばかりの幼子は激しく泣き出した。泣きじゃくる母子を前にした伯の心痛ははなはだしく、……
p. 42

……なぜ泣かす???


4003273818ティラン・ロ・ブラン 1 (岩波文庫)
J.マルトゥレイ M.J.ダ・ガルバ 田澤 耕
岩波書店 2016-10-19
by G-Tools



9日(木)




シナモンシュガートーストと珈琲。




あさりの酒蒸しの残り汁で炊いた生姜ごはんと、手あたり次第に具を入れた味噌汁。

夜、鳥取記事最終回を上げる。( → 「鳥取右往左往――冬の18ゲゲゲ旅 古書を訪ねて編」 )やれやれ。


10日(金)

図書館で借りてきたホットドリンクのレシピ本、読み物としても興味深く、レシピも充実しているのだが、


本格的にもほどがある。

2017-02-09

鳥取右往左往――冬の18ゲゲゲ旅 古書を訪ねて編

今回の18きっぷの旅に同行したいといっていた人間から、仕事の都合だとかでキャンセルの連絡あり。京都に帰ってからになるので、去年読んだ飯嶋和一『始祖鳥記』の表具師幸吉を訪ねる岡山旅(ツレが知っていようが知っていまいがお構いなし)をする予定にしていたのだけど、そういうことなら、前回のゲゲゲ旅で訪ねそこねた古書店を訪う旅にするのもよいではないか、ということで米子へGO。乗る電車は前回と同じ。

この日はけっこう霧が濃かった。


車窓から。なかなかいい感じの霧。しかし反対側の窓から見える川霧に陽が差した光景はすごかった。ずっと寝てた人がむくっと起きて写真バシバシ撮るほどに。今回は電車が意外と混んでいたので、残念ながらワタクシ、前回座れたそっち側に座れなかったのであった。

そうそう、わたしは遠出するときのお天気運が、なぜだかものすごくよいのである。どなたかは存じませんが、いつもありがとうございます、と毎度感謝してしまうほどに。天気予報で「一日じゅう雨」であっても、外を歩いているときはやんでいて、屋内や乗り物で移動中に降るということがほんとうに多いのだ。今回も、昨夜から雨、朝家を出たときにはひどい霧が出ているものの降ってはおらず、電車に乗るとほどなくして降り出したけれども、米子に近づくにつれて小降りになり、


晴れてきました。ほんとうに、どなたか存じませんが、いつもありがとうございます。


米子駅着。米子駅の正面にはカバがいる。


なぜカバなのか、なんのゆかりがあるのかはまったく不明。

米子での目的書店は2軒。地図で見ると、かなり近いところにあるので、そちら方面に歩いて行く。今回曲がり角を間違えないように、通りの数を数えながら歩いた。が、途中で数がわからなくなり、やっぱり間違えたら、2番めに行くことにしていた、岩波の本がウリの書店の駐車場に出た。


てことは、たぶんこの裏でしょ。と思ってその方面へ向かおうと思ったら、遠くの看板が目に入る。むー、ちょっと駐車場から離れているけど、あれか?岩波書店って書いてないか?……と思って近づいたら


「岩坂紙店」でした。やっぱり道間違えてる。

引き返して、もとの通りに戻り、再び最初の目的書店のあたりからはじめてみようと思う。たぶんここじゃろ、と角を曲がってずんずん進む。


みかんが……

みかんを過ぎてさらに進むと、ありました!古書の店 ギャラリーさん。


うん、閉まってるね。まあ、この先を曲がって行けば2軒めの目的書店があるのは間違いないしね。そっち行きましょう。

この通りですね。


「七福神のくらす町」。


ビリケンさんがおられましたが、どういうことでしょうか。下克上でしょうか(上下なのか)。

それよりコイツはなんなのでしょうか。


(ウチに帰ってから調べたら、「ネギマンは鳥取県西部の弓ヶ浜半島に突如として出現した巨大な白ネギです。まるでヒーローと勘違いされそうな姿ですが、なにしろネギですから何を考えているかは今のところ理解不能で、人類との意思疎通は難しいと考えられます」(公式サイトより)とのこと。「なにしろネギですから」のフレーズが効いている)

動画もあった。



(妙にうまいなと思って調べたら、なんとガイナックスが一枚噛んでて、DVDも発売されてた)


閑話休題。目的書店に着きました。


入店。が、だれもいない。奥からテレビの音が聞こえてくる。お昼休みなのだろうか。まあドアベルがからんからん鳴ったから、客が来たことはわかるだろうと店内を見てまわる。かなり充実した品揃え。郷土の本もたくさん。ひととおりみて、悩んだ挙句、買う本を斎藤惇夫 / 薮内正幸『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』(岩波少年文庫)と『伊東静雄詩集』(杉本秀太郎 編 岩波文庫)に絞る。奥に向かって声をかけてみる。どなたも出てこられない。お昼休みなのだろうな。あとで来るか、と店を出る。

で、ちょっと市内見てこようかなと来た道を戻ってみると、なんということでしょう、古書の店ギャラリー、開店していました!


先ほど通ったときは開店前だったようだ(通ったときは見てなかったけれども、写真で見るとシャッターちょっと開いてる)。

ここすごい。本が所狭しと置いてある。通路の上にもアーチのように、本がある。雑然としているようで、よく見るときちんと分類してある。「お探しの本があったら、おっしゃってくださいね」と声をかけてくださった店主さん、デキる、手練だ。

コミックが充実している。欲しい本は山のようにあったけれども、今回これらを購入。


うむ、機会があったらまた訪ねてみたい書店であった。

ホクホクしながら油屋書店へ。1時はまわっていたけれども、やっぱり無人くん。そして呼んでもだれも出てきてくれない。しかたない、諦めて駅へ。歩いていると、前回来たときにも会ったハクセキレイさん(おそらく同じ方であろう)に同じ場所で会う。キミの縄張りはここなのか。

電車に乗り込むと、この通り。


けっこうな雨が降り出す、という。うん、お天気には恵まれているのでよしとしよう。


米子発鳥取行きの普通電車はアホみたいに暖房が効いていて、一瞬で意識を失う。意識を回復したら大山が見えた。


大きいです(アホみたいな感想ですみません)。

意識喪失と回復を繰り返すなか、こんな看板を目撃。


おねえさんの写真とコピーの関係、また「日本海」の意味などに悩むうちに鳥取着。やはり雨はやんでいる。

民芸美術館とたくみ工芸店は隣同士で駅のすぐ近く、古書店は同じ通りに面していて、そこから徒歩15分ほど。ということで民芸・工芸はあとにするとして、古書店へ。

途中ものすごく気になるパン屋さん発見。


ここのパンは、おいしい(確信)。しかし


砂パンとはなんぞ?砂を噛むような味わいなのか?味気ないことのたとえの砂をあえてもってくる、これは自信のあらわれなのではないか!?……ぜったい違うわ。残念ながら日・月定休とのことで、砂パンの真相には、次回迫ることといたします。

古書店着。


「古本と器の修理」邯鄲堂さん。趣のあるお店。お香のたかれた店内では、店主さんが器の修理中(あんまりジロジロ見るのもなんなので見てないけど、たぶんそうだと思う)だった。
まず目に入ったのは、ジュリアン・グラック『半島』(中島昭和・中島公子 訳 白水社 世界の文学)。これ、以前京都の古本まつりで見たもののなんと半額。ほかの本もお求めやすいお値段。素晴らしい。

こちらでは、これらを購入。『半島』は、悩んだ末に見送った。


お店の名刺をいただいて、ホクホクと帰路につく。ネギマンとか日本海とかそういうのを見てしまったせいか、以前鳥取で撮影に成功した、あの謎生物がふと脳裏をよぎる。


いったいどうなっているのか非常に気になる造形。この生物は健在だろうか、と気になり、ちょっと探しに。そんなことをしていると、たくみ工芸店の営業時間は終わるわ、民芸美術館も閉館まであと15分だわ、あっちこっちうろついた挙句通りを間違えてて結局この生物は見つからないわで、まあロクなことなかった。けど、傘を使うことだけは一切なかったからよし、だ。


駅に戻って案内板を見ると、どうも時間を勘違いしていたらしく、乗るべき電車は30分前に出ており、次は1時間半後。さすが哀しみ本線、本数が少ない!してやられたわ、ワシとしたことがぬはははははは!笑ってる場合か。

腹も減った。駅そばで「砂丘そば」セット食べよう。


なにが砂丘かは不明だが、二切れのちくわがうれしい。卵丼はかなり甘めの味つけであった。食べて電車に乗ると、雨が降り出す、という。ありがたいありがたい。


浜坂駅でも1時間以上の待ち時間(哀しみ本線……)。駅にはこんなものがあるようだが


当然閉まっている。

しばらくそのあたりを歩いてみるも、町は真っ暗で、猫しか歩いていない。その猫にも遊んでもらえず、すごすごと駅に戻ってみたら、駅前足湯があるではないですか。


浸かっちゃえ。


 利用時間とっくに過ぎてるけど、湯はこんこんと湧いているのでいいでしょ。


足ぽっかぽか。ホームの待合室で『尾崎翠集成(下)』を読みながら電車を待っていると、雨が降り始めた。毎度ありがとうございます。そしてウチの最寄り駅に着くころには当然のごとくやんでいた。重ね重ねありがとうございます。今回お店の方にお会いできなかった書店に行く機会もまたあろうかと存じますので、その際もお計らいいただけましたら幸甚です。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。