2017-05-21

日々雑記 2017 May #2

11日(木)

年によってちがうのだけど、今年の仕事はうまくいっている気がする。

夕方散歩に出る。1週間見ないでいたわけだが、同じ道もまるで違って見える。近所の農園のレモンの木に蕾がついていた。


まさか撮れるとは思わなかった、オオスカシバ。


かわいい。かわいすぎる。

今日はヨモギとセリとクレソンを摘んできた。クレソンはもうそろそろ終わり。


12日(金)

昨日今日と、行き帰りの電車では辻原登『東京大学で世界文学を学ぶ』(集英社文庫)を読んでいる。これは高校生のころ読みたかった。セルバンテス、フローベール、ドストエフスキーを読み始めたころ、どうもピンとこなかったから。

仕事帰りの道にペラペラヨメナ(この和名好き)が咲いていた。


夕方、いつもの散歩コースで写真を撮っていたら、散歩途中のおばさまに花の名を問われたので、いくつか教えてさしあげた。おばさまはお返しにか、茶色に色づいたコバンソウを指して曰く

おばさま「コバンソウのこれね」
わたし「はい」
おばさま「昔から、G(自主規制により頭文字のみを表示しています)の卵に似てると思ってるんよね~」
わたし「……いわれてみれば」

知りたくなかったです。もうアレにしか見えません。

本日の収穫:カンサイタンポポの葉とスペアミント(左)、昨日食べられると知ったヤブガラシ(右)。


あと、ヨモギを追加で。

ヤブガラシは重曹を入れた湯で湯がいたはいいが、茹ですぎて葉がドロドロに溶けてしまった……


ヨモギは洗って塩茹でし、水さらし。


13日(土)

朝。


チーズトーストに珈琲。

食後ゴロゴロしてたら、外から「ほーーーーー」という声が。見れば托鉢僧だった。「ほーーーー」は「法雨」ですね。東山に住んでいたころはわりと頻繁に見かけたけど、ここに引っ越してきてからははじめてだ。このへんの臨済宗のお寺って、どこだろ。

昼の野草膳。


とうもろこしごはん(缶詰の粒コーン使用)、クレソンの味噌汁、ヤブガラシのおひたし、タンポポサラダ(ごはんに使用したコーンを流用)、いちごラム酒和え。

サラダのドレッシングは、ブルーチーズをレモン汁でゆるめて塩胡椒で味を調え、サラダ油を混ぜたもの。タンポポの苦みにはこれが合う。チーズをちょっとだけほしかったので、「ちょこっとチーズ 赤ワインマリアージュ」というアソートを購入。ついでに赤ワインも買ってしまう(バカ)。

ヤブガラシは意外な美味しさだった。もうキミはどこにでも生えてくるやっかいな雑草ではなく、食材だ。


「こんにちは、ヤブガラシ(食材)です」

おやつの草だんごのために、茹でて水にさらしておいたヨモギを擂る。


なかなかたいへん。フードプロセッサーがあれば楽だろうな。使う分だけ残して、あとは冷凍。

おやつ。


もうちょっとヨモギを入れればよかった。でもうまかった。


夕方、散歩に出る。ヤグルマギクはいいね。夢のような青。


そして今日も今日とてヤブガラシ。


葉と巻きひげは取り去って、今回は塩茹でとワラビのあく抜き方式を試すことにする。

夜、某呟き処のフォロイー様がヴァージニア・ウルフ『オーランドー』を読むと呟いておられたので、少し探す。


DVDは発見できたが、本が見つからない。


14日(日)

朝。


トースト、珈琲、いちごラム酒和え。

食べたら『オーランドー』捜索。探すためにはまず部屋を片づける必要があり、部屋を片づけるためにはまず取り込んだまま放ってある洗濯物をたたんでしまう必要があり、たたむのが苦手なわたしはついつい遊んでしまい、もう昼だ。

昼。


昨日のとうもろこしごはんの残り、キャベツの味噌汁、ヤブガラシ納豆、ヤブガラシなどの炒め煮。

ヤブガラシ、納豆には重曹で茹でたもの(昨日の残り)、炒め煮には塩茹でしたものを使用。用途に合わせて下処理の仕方を変えるのも手だな。

食べたら『オーランドー』捜索の続き。モノをあっちからこっちに移動させたりしながらふとシマクワズイモに目をやると、ハダニが発生しており、これはいかんとイモをベランダに出して霧吹きで水をかけまくり、やれやれと室内に戻るとその状況は単にモノの位置が変わっているだけで一向片づいてはおらず、嫌気がさしたわたしはついつい遊んでしまい、もう夕方だ。


空には、なんとなくグレートブリテン島に似ている雲。

そして夜。部屋の掃除に際して非常にしばしば観測される現象であるが、台所がピカピカになり、冷蔵庫内がスッキリし、


このありさまだった鍋が



こうなった。部屋は足の踏み場もない。とりあえず寝場所だけ確保する(モノを寄せて布団が敷けるスペースを空ける)。


15日(月)

近所の農園のレモンが咲きはじめていた。


おっ


アマガエルいた。


川の中州になぜかビオラが咲いていた(1輪のみ)。



16日(火)

植物たちをベランダに出してやり、部屋を死ぬ気で片づけ(ハウスダストにもアレルギーが)、段ボール6箱分の本の処分を決定し、


『オーランドー』発見。そして寝ようと思った矢先に、妹にやると約束していた本まで梱包していたことに気づく。そしてそれがどの箱だかわからない。ああ。


17日(水)

今日は、徒長し放題の多肉植物たちを切り戻して、葉をばらしたり差し穂をつくったりし、土を捨て、鉢や鉢皿を洗浄及び消毒、シノブの古い葉を切ってやり、イモに霧を吹きかけてやった一日であった。しかしやるべき作業はまだ終わっていない。

夜、明日の仕事で使うつもりであった資料がどこにまぎれたことやら、どうしても見つからない。諦めて、明日早く起きてイチから作り直すことにして寝てしまう。


18日(木)

朝、資料を作り終えて、何気なく以前使っていたクラウドストレージを見たら、なんとそこに資料を保存していた。なにをしてたんだ……まあ、今朝作ったものは、時間に追われて作成したものに特有の妙な勢いにより、前に作成したものよりも出来がよかったので、そちらを使用することにした。

仕事帰りにホームセンターに寄って、鉢底石5ℓとゴーヤ苗4本を買った。土も買いたかったが、なにせ仕事鞄がクソ重い上に交通費節約で30分歩いて帰るので、明日にする。


クッソ重い荷物を提げてヒーヒーいってるわたくしを不審げに見つめるねこ様。

帰宅して荷物を置き、日暮れ時にちょびっと散歩。いつもの川沿い散歩コースのベンチに腰かけたおっちゃんが、缶ビールを開けている。蚊に食われやしないだろうかとドキドキする。(なぜわたしが)

ノイバラが咲いているのを見つけた。明日、日の暮れないうちに行けたら写真を撮ろう。


19日(金)

仕事疲れで土を買って帰るのは断念。でもタマシダ買っちゃった。


帰宅後少し倒れ、ノイバラを撮らねばとよろよろ家を出る。


すごい。人が近づけないところでモリモリ茂って咲いている。


これは別の場所の小さい株の花。清楚ですね。

ミントを摘んでいると、柴犬を散歩させているおばさまに「なにが採れますか?」とたずねられた。「ハルジオンと、今のこれはミントです」と草を見せる。犬がやたらに「なでれ」アピールしてくるので、ぐりぐりなでてやった。「このヒト(犬)も、草食べるのよー。自分で採ったり、ここ(畑)のおじさんにキャベツの芯もらったり」とかいうてるうちにおじさん登場。犬大喜び。おじさんを交えてしばし歓談。

おじさんと別れたのち、犬とおばさまとわたしは同じ方向に進むも、わたしは草を摘みながらなので、それでは、と挨拶して犬たちは先へ。わたしはハルジオンやクズを摘み、花や虫の写真を撮る。


ナワシロイチゴ。これ実がなったら食べられますね。


おてんとさま。

しゃがんでキキョウソウを撮ろうとしていたら、脇から犬の鼻づらがでてきて吃驚。さっきの柴(2さい9かげつ)。おばさまいわく「おたくのことがどうしても気になるみたいで、戻ろう戻ろうって(笑)」「そ、そうですか」といいながら、犬をなでくりまわす。「犬飼ってはるの?」と尋ねられたが、犬は飼ったことなし。なんでこんなに好かれるのか。でもおかげさまで疲労恢復しましたよ。ありがとう、犬。

本日の収穫。


クズ、セリ、ミント2種、ハルジオン。散歩帰りにスーパーに寄ったら、ツタンカーメンという豆があったので買ってみた。




20日(土)

朝。


塩ぱん(電子レンジで10秒加熱)と珈琲。

本日は玄関扉及び浴室内の塗装。「AM9:00~」とのことなので、9時前からずっと待っていたのだが、11時前に来られた。そして作業は昼をまたぐ、と。ドアを開けたままにしておかなければいけないので米を買いに行けず、昨日買ってきた「ツタンカーメン」で豆ごはんを炊く計画はやむなく中止。

ガスレンジ周りが養生中なので、かんたんなもので、昼。


野草(ヤブガラシとセリ)&なめこ蕎麦、ハルジオンのおひたし。ハルジオンは少し苦みの強い春菊という印象。美味しい。

午後1時前から塗装工事昼の部待機していたのだけど、はじまったのは2時を過ぎてから。まあ、わりと早くに終わったので、塗装の臭気を避けて、ベランダ作業。水に浸けて発根させたミントを鉢に植え付け、イモについた虫をとってやる。


クズとハルジオンの天ぷら、ミンきゅう、キリンラガー。クズはマメ科らしいコクがあって美味しい。けれども揚げたてでないと、少々毛が気になる。ハルジオンは塩より天つゆが合いそう。でもうまかった。

2017-05-10

日々雑記 2017 May #1

1日(月)

帰宅すると届いていた。


これがよかったら、『顔のない軍隊』も読みたい。

しかし風呂までの体感距離が短くなった(毎年いってる気がする)。冬の間は3㎞くらいに感じられたものだが、このごろは実際の距離と変わらない。


2日(火)

朝、イモが飲みたそうな顔をしていたので、まあまあ、ぐっといきねえ、とついでやったらすぐ吐いた。


いつまでも見ていられる。

お天気がよいので、弁当をもって出かける。新緑が目に沁みる。




泣きそうになるくらいだ。

おでかけの目的はこれ。


しかしまずは弁当をば、と京都市美術館の裏手へ。工事のために表側を封鎖しているためか、思ったよりも人が少なかった。ベンチに腰かけて弁当を広げる。


いつもウチで食べているようなものでも、外で食べると実力以上の美味さを発揮するね。しかし


目の前はこれで


頭上はこれですよ。



藤は葉もとてもきれい。

今回は古書即売会40周年記念イベントとして、竹笹堂の刷り師さんによる伝統的木版画刷りの実演が行われていた。


ガン見しました。

場内で本を見ていたら、ちかくの人々の会話が耳に入ってきた。

A 「えどがーらんぽーって、どんな本書いてるの」
B 「いっぱい書いてるよー。『屋根裏の散歩者』とか『人間椅子』とか」
A 「あ、そうじゃなくて、ポーのほう。アメリカの」
B 「江戸川乱歩にしか聞こえんかった」

わたしも江戸川乱歩にしか聞こえませんでした。「ら」にピッチアクセントをもってきて、「ぽー」を下げるから……

本日の収穫:自分用


姪たち用


ちょっと気になっていたけど見送ったものもあるので、あと一回くらいは行こうと思う。

与える者の特権で、寝る前に『ももいろのきりん』を読む。こどものころ大好きだった本。幼稚園の先生をしていた親戚のおばちゃんのうちには絵本がたくさんあって、遊びに行くと必ずこの本を読んでいた。『ももいろのきりん』のいいところは、子供が子供らしくて、きりんが強くてかっこよくて、クレヨンの木になるバナナみたいなクレヨンがたまらなくすてきで、ヘビが悪役じゃないとこなんだ。


3日(水)

……鍋を焦がしました。


お昼はこれでした。


焼きそばソースじゃないんだから、天ぷらと七味はフタの上であっためる必要はなかった。

焦がした鍋は、水を入れて沸騰させ、湯を捨てて乾かす。


4日(木)

再度春の古書即売会へ。場内に武器を持った人々がぞろぞろいるのは


別会場でこういう大会やってたからね。


心が濁っているので、ナチュラルに「なわぶんがく」と読みました。

本日の収穫


満足。『ラン パン パン』は姪っ子用。明日持って帰るのだ。


5日(金)

帰省。この季節は電車に乗るのも気持ちいい。


車内のお供は J. D. Salinger Nine Stories (講談社英語文庫)



駅から実家への道で、白花のイモカタバミを見つけた。はじめて見た。


ウチに着いたら荷物を置いて、すぐに飛び出すわたくし。


ヒバリが鳴いてる。


ベニシジミ見っけ。


ワラビも見っけ。明日採りにきましょうかね。


美声を披露するイソヒヨドリ氏。

散歩を楽しんで帰宅すると、妹と姪たちが来ていたので、絵本授受の儀を行う。


今回はこれら。5歳児も3歳児も『ほね』がいたくお気に入り。

妹家の皆さまの後に浴室に入ると


コレが置き去りにされていた。少し遊んでしまったことを告白する。


6日(土)

雨降りなので、ワラビ採りは中止。


朝の5時から幼児たちは走り回っている。ぼんやりしていたらレストランごっこに巻き込まれた。「じゃあ、コーヒーください」


姪1「おまたせしましたー」
ワシ「えっと、これはなんですか」
姪1「コーヒーとー、さとうとー、お湯です」
ワシ「インスタントですか!?」
姪1「そーですー」
ワシ「ほんでセルフですか!?」

しかし幼児の食事はたいへんだ。遊んでばかりでちいとも進まない。「遊んどらんと食べんな。おなかすくで」(但馬弁)ゆーてもきかん。それで9時を過ぎると10分おきに「もう10時?」ときいてくる(おやつの催促)。だからあれほどちゃんとごはんを食べろと。

雨上がりの庭にでんでんむしを発見。


呼んで見せてやるとテンションマックス。あんたらのおうちのあたりにもいるでしょうに。

姪たちの妨害工作で本を読んだり読まなかったりした一日だったけど、J. D. Salinger Nine Stories の " A Perfect Day for Bananafish " はなんとか読んで、ネット上で二人読書会を開催。なかなかに興味深い意見交換ができて刺激的であった。


7日(日)

今日も今日とて姪どもは5時起き(なのでわたしも5時起き)で、プリキュアはまだかまだかと大騒ぎ。早起きしすぎだって……

よいお天気。


なので散歩に出かけようとすると止められ、なぜか総勢6名で山に行くことに。山は好きなのでやぶさかではない。

広場の遊具で遊ぶ姪たちの守はまかせて、わたしは一人山頂を目指す。山の植物はいいね。


ゼンマイ。シダは好きなんだけど、どうにも見分けがつかないくて、わかるのはゼンマイ、ワラビ、クサソテツくらい(ぜんぶ食べられるヤツだ)。


タニウツギ。いまごろ花期を迎えるので「田植え花」と呼ばれる。


ツボスミレ。


途中で見えた海。


山道は気持ちいい。

これは……


山頂に行く前に、ぜひ行ってみたいと思いました。


が、倒木に妨げられました。

山を下り、近くの牧場併設の店でお昼。



ピッツァをいただきました。マルゲリータのほかには、ビスマルクと気まぐれピッツァというものを。


気まぐれピッツァ。たけのこ入りで生ハムと水菜が乗っていました(が、水菜の中にはスズメノカタビラが混じってた……)


食後はミルクジェラートを買って、外のテーブルで。


すぐそばには牛小屋があり、牛の香りがそこはかとなく漂っておりました。ええ、嫌いではありません。


子牛かわいい。

帰宅。妹家御一行様を送り出し、わたしは山菜採りへ。採る前に、ワラビの生えているところから、河川工事車両の通り道を歩いてみる。


夢みたいな道。



採ってきたワラビとノビル。ワラビは重曹と熱湯であく抜き、ノビルはきれいに掃除しておく。

夜、布団に寝転んで本を読んでいたら、窓の外から「ほーほー、ごろすけほーほー」が聞こえた。何度か鳴いて、だんだん遠ざかって行った。ウチの近所でフクロウの声を聴いたのは、はじめてだ。どこから来たんだろう。


8日(月)

帰省した日、実家に向かう道にシロバナコバノタツナミソウが咲いているのを見た。


アスファルトの隙間に健気に咲いていた。姿やさしく、つよい花だなあと思っていたが、


今日このような環境で咲くヤツを見た。ここまで逞しいとは思いもよらなかった。がんばってるなあ。


9日(火)

お昼は深海魚。


「ドギ」と表記してあるが、ウチのほうでは「グベ」という。ちなみにとなりの城崎では「ノメ」といい、その先の香住で「ドギ」、さらにその先の浜坂では「トウロ」という。そんなに離れていない場所でこれだけ呼び名の違う魚も珍しい気がする。みた目がのめっとしているので、城崎の名前が合ってると個人的には思っている。本名は「ノロゲンゲ」(某呟き処で呟いたところ、「漢字だと前衛書道家の名前のようだ」というご意見が。「野呂玄華」だから、たしかに)。こいつを洗ってぶつ切りにし、


片栗粉をはたいて、揚げるべし。


これを塩胡椒にレモン汁で食らう。


白身でコラーゲンたっぷり、128円で大人三人が満腹、大満足でございました。


10日(水)

明日から仕事なので、京都に帰る。途中の和田山駅で撮影。


1912年築の機関車庫(跡)。