2018-01-21

土鍋ごはんのたのしみ

このところ寒さが一瞬ゆるんで気を抜き、宅配便の応対に裸足で出たところ、配達員の兄ちゃんの視線が一瞬下に向いたのを見逃さなかった麩之介です。皆さまいかがお過ごしですか。冷えは足から!抜かりなく!

1月某日。

ふふふふふ。これを手に入れたのである。



トゥッペギの蓋。某所で見本として使用されていたのをいただいて愛用しているトゥッペギ、身だけで蓋がなく、必要な場合にはその辺にあるアルミ鍋の蓋をかぶせて使っていたのだけど、とあるネットショップでバラ売りしていると知って入手したのだ。



合わせてみた。若干色味が違うが気にしない。重さがあるのでごはんが美味しく炊けるだろうな。

そう思ってしまったからには、炊くしかないではないか。土鍋ごはん。どこかで書いたと思うけど、麩家の人間はわたし以外は異常にくじ運がよく、懸賞やらガラガラポンやらで様々なものを引き当ててくるのだが、母が当ててきたものの中に「かまどさん」という高級炊飯土鍋があり、実家に帰ったときの楽しみがこれで炊いたごはんなのであった。現在オール電化住宅となった実家でも、このためにカセットコンロを購入したほど。土鍋炊きのごはんは美味なのである。

それではさっそく炊いてみようではないか。米を1合洗ってじゅうぶんに浸水し、ざるに上げて水を切り、あらためて水加減する。



蓋をして火にかける。火加減は例の「はじめちょろちょろ中ぱっぱ」というやつ。まあ、ごはんはいつも文化鍋で炊いているので楽勝!



と思いきや、「中ぱっぱ」で沸騰したら盛大に吹きこぼれた。弱火にしても保温力の高い土鍋のこと、すぐには止まらない。おねばがどんどん溢れだしてガス火に焼かれ、受け皿にたまっていく。むー、ここはあれだ、ガスレンジの掃除をこれまで以上に頻繁にできて清潔な台所が維持できると、こう前向きに考えようではないか。蓋に蒸気穴がなくて、灼熱のおねばが地獄の如く吹き出さないぶん掃除もラクだ!そう思え!ポジティブに行け!

ぶふふぶふふと溢れ出すおねばに心痛めつつ、そのままごく弱火で約10分、吹きこぼれも止まってピチピチと音がしはじめたら、強火にして10秒、火を止めて15分蒸らしてできあがり。ああ、香ばしい、よいにおい。

さあ、蓋を開けますってえと



……光ってますね。まぶしいくらいに。これは間違いない。底から大きく混ぜよう。おお、お焦げもできている。最高じゃないか。

というわけで、朝めし。



土鍋炊きごはん、納豆、玉ねぎとわかめの味噌汁。ごはんが主役なのだから、シンプルなおかずで勝負。さあ、いただきましょう。

……美味い、美味いよごはん!おかずいらないくらい!ほんのり香ばしいお焦げの香りだけで3杯はいける!1合では3杯もないけど!なんだワシ錯乱してるぞ!ありがとう、ありがとうトゥッペギ!1合なんてペロリだ!

一心不乱に食らったあとは、底に残ったお焦げに湯を注いで湯桶に。と思ったのだけど、ふとこれが目にとまり。


350円の蓋だけ買って、商品より高い送料を払うのもなんなので、ほかにもあれこれ買ってしまった中のインスタントプゴク。えー、つくり方は


……数字しかわからんな。だが数字が読めてイラストが理解できたらだいたいオッケー。ブロックひとつを250mlの湯に入れて2分煮る、だろ。それか電子レンジ700wで5分。そういえば、前に風邪ひいたときに兵糧として購入したものとメーカー同じだなこれ。若干パッケージ違うけど、唐辛子入りかそうでないかの違いだろう。


というわけで、つくり方はたぶん間違えずに、プゴク雑炊完成。ブロックが個包装じゃないのでふたつとも入れちゃえ、と水500㎖で鍋一杯に。お焦げの香ばしさも相俟って、かなりうまーい。しかしさすがに食べすぎじゃないか、わたし。今日はもう晩まで食べなくていいんじゃないか。

そう思ったのもつかの間、昼が近づいてくると腹が鳴った。どうなってるんだわたしの体は。時間制なのか。そのあたりはまた時間のある時にゆっくり考えるとして、朝食後に満腹をさすりながら(比喩表現)調べてみたら、吹きこぼれさせずに飯を炊くには「蓋を開けた状態で炊け」という「そりゃそうだ」な解決策を見つけて目からうろこが3千枚落ちた。なんとなく「はじめちょろちょろ中ぱっぱ じゅうじゅう吹いたら火を引いて 赤子泣いても蓋取るな」が染みついていて、蓋は取ってはいけないのだし、どうしよう、次はレンガでも載せとくか(※危険なのでやっちゃダメ)、などと思っていたが、取っていいんだ!よし、試してみる!五徳と受け皿も洗った!

さて、めし炊きトライアル2合目。鍋に下準備した米を入れて水加減し、蓋をして火加減は常のごとく、沸騰したら蓋を取る。


ごく弱火にして沸騰が落ち着いてきたら、この程度開けた状態で蓋をして炊き、


様子を見ながら少しずつ閉めていき


ラスト5分ほどは完全に閉めて炊き、10秒強火にして火を止める。これで吹きこぼれることなく炊けた。

さて、結果は


おおお……朝のは吹きこぼれを恐れるあまりに腰の引けた加熱になってしまったが、今回恐れることなく蓋を開けてガンガン熱することができたおかげか、神々しいばかりに見事な艶……だったらよかったんだが、違いはよくわからない。いわゆる「お米が立ってる」という気はなんとなくするが、たぶん気がするだけだ。そんなことより、底から大きく混ぜましょう。


はい。そして実食。


朝に続いて、米を食べることに特化した昼のおかずは、朝の残りの味噌汁と、わたしの好物なので、なにかにつけ妹が送ってくれる、兵庫県北部でしか(たぶん)売っていない「川丈のおかずのり(徳用)」。さて、いただきます。

あ……(この後の記憶はない)

というのはウソだが、いや、いいわこれ美味いわ。まあ朝のごはんとの違いがわかるような舌じゃないけど、もうワシ、なんなら米と塩だけで生きていけるわ。

あー、美味いねえ美味いねえと食べながらも、あることが頭をよぎったのだが、いって構わないだろうか。

蓋開けて炊くなら、蓋の重さ関係なくね?その辺の蓋でいんじゃね?

……いかん、考えてはいかん。自ら求めて不幸になることはない。見るがよい、アルミ鍋の蓋をきせたときの違和感とは程遠い、しっくりとおさまる様はまさに破れ鍋に綴じ蓋、いや破れても綴じてもいないが、身と蓋の見事な調和を。若干の色の違いは見るでない。

シメはお焦げ粥。


ごはんのシメが粥。米好きにもほどがある。だけどこのお焦げの香ばしさをいかした、塩だけで薄味に仕立てた粥は、当然ごはんとは別種の趣があり、端的にいって最高だ。二日酔いの朝に食べたい。ということは、二日酔いすることを見越して飯を炊くということが考えにくい以上、飯を炊いたら二日酔いするほど飲めと、そういうことだね。うん、違うね。

午後、実家から救援物資が来る。


伯母の育てた新鮮野菜と、妹からの米。つい「新米は 忘れたころ(今日)に やってくる」と呟いてしまったが、タイムリーすぎるではないか。炊いて炊いて炊きまくれと、そういうことだな妹よ、ありがとう。では、まず大根の醤油漬けをつくって、飯を炊くとするかな。

2018-01-20

日々雑記 2018 Jan. #2

11日(木)

朝。


プチパンのシュガートースト、カフェオレ。

昼。


謎カレー。
いちからカレーをつくったわけではなく、スパイス類、にんにく、しょうが、玉ねぎを炒めて、冷蔵庫に入ってた煮もの、鍋もの、スープなど残りものあれこれをブチ込んで煮て、ガラムマサラで仕上げたシロモノ。でもうまかった。ごはんはオーツ麦飯。スティールカットのオートミールを飯に炊き込む発想はなかったのだけど、たまたま買ったもののパッケージに書かれていたのでやってみた。わりと美味いし食感が面白い。


12日(金)

朝。


プチパンのチーズトースト、コーヒー。

しかし野菜が高い。夜に買いものに行くと、いつももやしが売り切れている。露地物のない時期だからか、夏野菜のきゅうりが安いのが皮肉に感じられる。というわけで晩はキューカンバー・サンドウィッチとフライド・テンペ・サンドウィッチ。


テンペサンドのパンはトーストすればよかった。これを客に出すと、たいていの人は焼き豚かなにかだと思うらしく、ひと口食べて妙な顔をするのでやめられn、もとい、申し訳なくなる。いつもはケチャップに醤油少し、タバスコちょっぴり混ぜたもので味つけしているけど、こんどオイスターソースを効かせた甘辛醤油味で(やめなさい)

朝チェックしたメールに、雹害を受けたりんごを販売するとのお知らせがあって、帰宅してからサイトを見てみたら、さすがに残数がわずかだったが、まだ受け付けていたので迷わずポチった。たのしみだ。


13日(土)

朝。


じゃこ炒め、海苔納豆、たくあん、オーツ麦飯、もずくの味噌汁。

しかし寒い。食後に淹れたあつあつの紅茶が5分で冷え冷え。

昼。


鱈と白菜のみぞれ煮、きゅうり塩もみ、オーツ麦飯、にんじんの味噌汁。

晩酌のアテは、昨夜の焼きテンペの残りと、昼のみぞれ煮の残り。


14日(日)

朝。


磯うどん。

昼。



おでんライス。この前のみぞれ煮で大根を使い切ったので、おでんの具はちくわ、厚揚げ、焼き豆腐、がんもどき。大豆製品ばかりだ。

午後、大量の里芋の皮を剥く。



正味半分くらいになるのは、不器用だから。



下茹で後、全量を昆布といっしょに煮ていく。柔らかくなったら甘煮用と白煮&汁物用に分け、甘煮用の方には砂糖を加えて少し煮て火を止めていったん冷まし、もう一度あたためて塩を入れて煮て、さらにそれを味噌煮用と醤油煮用に分ける。

里芋は土を落とすところからなんだかんだとめんどくさく、いざ食うぞとなったらこういう芋祭りになってしまうのだが、某呟き処でフォローしている方から「皮つきのまま茹でると簡単に剥ける」と教えていただいた。今回で芋祭りは終了となる(はず)。

本日の夕空。



晩酌。



里芋と昆布の味噌炊き、ビール。


15日(月)

朝。



煮豆腐丼、里芋の味噌汁。
子どものころは行儀が悪いと叱られたけど、わたしはごはんに味噌汁をかけて食べるのが好きで、いまは叱る人もいないのでおおっぴらにやる。豆腐でごはんを半分食べて、丼の空いたところで味噌汁の里芋をつぶし、飯と合わせて汁をかけて食べた。うまー。

晩酌。



里芋と昆布の薄炊き、ビール。


16日(火)

朝。



昨日の残りの煮豆腐丼。さらに味が染み染み。

晩酌。



里芋と昆布の醤油炊き、ビール。


17日(水)

朝。



薄炊きを粥に炊き込んだ里芋粥。

晩酌。


醤油炊きをリメイクした里芋サブジ、ビール。


18日(木)

朝。


昨夜の里芋のサブジの残り、白ごはん、麩とわかめの味噌汁。

昼。



天丼(もちろん買ってきた天ぷらで)、即席梅若汁。

午後、用事で出かける。ふだん寒すぎる部屋で生活しているせいか、今日が暖かかったせいか、出先が暑すぎて意識を失いそうになる。用を済ませたら早々に退散して、戸外でよく冷やす。カメラを持って行っててよかった。



センダンの枝越しの空。こう見ると寒そうだけど、ずいぶん暖かい日だった。

本日の1枚。



スイセンにクモ。撮った時にはクモがいるとは気づかなかった。なんとなく撮ったら写ってしまったという意味で心霊写真に近いかもしれない。

晩。


味噌炊きをリメイクした里芋入り牡蠣のチゲ。芋の在り処は目立たないけど豆腐の左隣。芋の祭典2018 第1回はこれにて終了。しかし、某呟き処でフォローしている方から教えていただいた「出世芋」というものを食べてみたいので、あと最低一回は芋の祭典を開催する予定。


19日(金)

朝。



昨夜のチゲの残り汁で、煮込みうどん。

晩。



土鍋に味噌を入れ、酒でゆるめて昆布茶と粉唐辛子を混ぜ、水をほんの少し足して、豆腐をスプーンですくい入れ、上に長ねぎ、白菜、もやし、しいたけ(野菜はなんでもいい)をぎゅうぎゅうに載せて、蓋をして火にかけると



こうなる。ここにごま油をふって食うべし。昨夜牡蠣で贅沢したので野菜と豆腐だけだけど、美味いんだ。

梅雨のころに仕込んだヤマモモ酒を湯で割って飲み、就寝。


20日(土)

朝と昼は、トゥッペギで炊いたごはん。( → 「土鍋ごはんのたのしみ」

かれこれ20年ばかり使っている伊賀焼のティーポットがあちこち欠けてきている。といっても怪我の危険はまったくないし、問題なく使えているので、どうしてもというわけではなく、まあ機会があれば買い替えようかくらいの気持ちでいる。そんな感じでゆるゆる探している、いつか見かけていいなと思ったインドの業務用ブランド「SAMRAT」のティーポットについて、「Lサイズは見るけど、探しているSサイズは見かけない」と呟いたら、フォローしている方がなんとそのSサイズを使っておられ、京都にも支店のある某「西洋民芸の店」で扱っているかも、と教えてくださった。店は知っていたけれども、「西洋民芸」の店なのでノーマークであった。サイトを見てみたら、「西洋」という言葉でふつうイメージされるものと違う品ぞろえ。うかつであった。こんど見に行ってみようと思う。探しているものがなくても、面白いものがありそうでワクワクする。

午後、実家から荷物が届く。


新米は 忘れたころ(今日)に やってくる 思わず呟いてしまったではないか。

こないだ注文した福島の「雹害りんご」も届いた。


被害の程度はまちまち。


こう、ぼこっといってしまっているのもあるし、


ちょっとへこんだ程度のものもある。りんごは刻んで煮たり焼いたりして食べることが多いので、無問題。おいしくいただきましょう。

晩。


朝と昼とで米を2合食べたので、昨夜の辛味噌鍋にした。野菜は日替わり。本日はだいこん、にんじん、玉ねぎ、長ねぎ、白菜、しいたけ、豆腐。しかしシメにうどんを入れてしまうことは避けられないのである。ビバ炭水化物!

2018-01-10

日々雑記 2018 Jan. #1

1日(月)

あけましておめでとうございます。


今朝50秒で描きました。今年もよろしくお願い申し上げます。

元日の朝は、梅干しに煎茶を注いだものを飲むのが麩家の習わし。


そのあとは


雑煮。
昆布出汁の白味噌汁に、茹でた丸餅と大根とにんじんを入れてみた。新しくしたお箸は、夏に輪島で買ってきたあすなろの塗り箸(雑煮を盛った小丼は河和田塗り)。これまで使っていた白木のお箸は、麺類を食べるときに使おうと思う。

昼。


お粥さんに梅干し。
食べたら寝る。

おやつ。


野いちごジュース(温)。
初夏、やぶ蚊と戦いながら摘んだいちごでつくったシロップも残りわずか。

晩。


お粥さんに海苔とおろし生姜。


2日(火)

初夢は、大学の構内に美味しい水が湧いている池があって、その水をギターに汲んで帰ろうとするというものだった。

朝。


雑煮。
今朝のは実家で食べていたもの。昆布出汁で丸餅を煮て味噌を溶き入れ、食べるときに花かつおとねぎを載せる。どこのうちでもこれだと思っていたので、高校生の頃、友人のうちの雑煮にはいろいろ具が入っているときいて吃驚、うちのは「雑」煮じゃないな、餅しか入ってないんだからと思った。餅入り味噌汁。


ミルクティー初め。

昼。


お揚げと野菜の味噌煮込みうどん。
雑煮の味噌汁が残っていたので、それで煮た。

食後に黒糖チャイ。


グリーンカルダモンとシナモン、生姜多めであったまる。

おやつ。


生姜入りを、と思って買ったのだけど、これ加糖だった(激甘)。ちゃんと確かめないと。

夜、スティールカットのオートミールを仕込み、小豆を煮て就寝。


3日(火)

朝。


ぜんざい。
小豆はしっかり甘くしないと美味しくないけど、餅を食べてしまった後に残ったものは、そのままでは甘すぎるのだよなあ(と湯を注ぐ)。

昼。


野菜スープ、オートミール粥。
トマト水煮缶があるものと思っていたら切れていたので、開封して時間が経ってしまったサルサを入れた。サルサには酢が入っているため酸っぱかったが、これはこれでいける。早く煮えるロールドオートが便利で日常的にはよく食べているとはいえ、どっちかというとスティールカットのぷちぷち食感が好みなのだ。いきなりだと煮えるまでに30分以上かかるけど、鍋に水と一緒に入れて火にかけて、ひと煮立ちしたら火を止めて、そのまま一晩置いておけば、翌朝5分も煮れば食べられる。

おやつ。


紅茶、レンチンりんご。

晩めしは、昼の残りのスープ。

夜、コクヨの測量野帳スケッチブックに icco nico stationary の「貼暦」マスキングテープを貼り、今年の手帳を作る。


なかなかいい。


4日(木)

朝。


焼いたもちでぜんざい。

今日は「冬休み子ども科学電話相談」があったのに、すっかり忘れていた。不覚。

昼。


野菜炒めのっけの味噌煮込みうどん。

おやつ。


初コォフィ&初チョコ(ロッテのガーナミルク)。

山の向こうに陽が沈んだ直後の空。


やっとこさ年賀状を書き、外に出る覚悟を決めて、外出。出たついでに今日で終わりのB○○K ○FFの書籍全品20%オフセールを覗く。B○○K ○FFでは、たとえばなにか探し物があったとしても、そのジャンルだけでなく、できることならザッとでもすべての棚を見たほうがよい。今日見たなかではスティーヴ・エリクソン『ルビコン・ビーチ』が、背表紙の作者の名前の下に翻訳者(島田雅彦)の名前が同じ大きさで書かれているためか、「日本文学」の「し」の棚にあった。「海外文学」の「エ」の棚だけ見ていては見つけられないというわけだ。以前、呉善花の本が「こ」の棚に、クロード・レヴィ=ストロースの『野生の思考』が「生物学」の棚にあったのを見たりしたこともあり、かなりトリッキー、というか、考えうる錯誤は要確認の魔境であるからだ。そう思って木下古栗『いい女 VS. いい女』がないかと「美容」の棚を見てみたが、さすがにそれはなかった。いや、なくていいんだけど。

そんなこんなで、本日の収穫。


満足。

帰りに、今日から開いている近所のスーパーで買いもの。菜っ葉類がお高い。七草セットがもう出ていた。「せり・なずな・ごぎょう(ハハコグサ)・はこべら(ハコベ)」まではその辺に生えてるのを採ってこれるけど、「ほとけのざ(コオニタビラコ)」はまだ見つけてない。「すずな(カブ)・すずしろ(ダイコン)」は、まず野生のものは見ない。たまに「ど根性」的なのは見かけるけれども。


一昨年の正月に見た野良大根。

鱈のアラが手に入ったので、晩は鍋。


あと熱燗をちょっとだけ。沁みた。


5日(金)

朝。


くるみ食パンのトースト、コーヒー。

昼。


鍋焼きうどん。
昨夜の鍋の残り汁を使用。ほうれんそうは冷凍の。

晩。


焼いたもちに醤油をかけて、湯漬けにしたもの。こういうものは、もうちょっと火を強めにして焦げ目をしっかりつけたほうが美味しいので、ちょっと失敗。


6日(土)

朝。


くるみ食パンのトースト(裏は黒焦げ)、ミルクティ。

昼。


じゃこピー炒めのっけごはん、大根おろし、もやしの味噌汁。

午後、明日の粥の草を摘みがてら散歩。川沿いに歩いていたら、カワセミ発見。しかし慌ててカメラを取り出をうとしている間に、マガモの奥さんに追い払われてしまった。食べるものがちがうんだから、許してやりなさいよ。ぶらぶら歩いていて、ヌートリア発見。


わかりにくいけど、水際に1匹いる。つがいだろう。写真を撮っていたら、自転車で通りかかったおばちゃんに「ヌートリア?」と尋ねられた。そうだと答えると「気持ちわる!」と。うーん。カピバラはあんなに愛されているのに。


気持ち悪くなんかないよな。畑を荒らすから害獣扱いで駆除対象だけど、気持ち悪くはないよ。


夕空。

日暮れて帰宅。年がら年中あるハコベと、まだちょーっと早いけどセリは採れた。ナズナとハハコグサ(ゴギョウ)は、あるにはあったけど、小さかったので採るのはやめた。ほかにヨモギ、ノビル、スペアミント、アップルミント。


ミントはさすがに粥には入れないけど。


7日(日)

朝。


野草粥。
ノビルは入れず。セリの香りがいい。ハコベは味らしい味はしないしたくさんあるので、葉物野菜のお高いこのごろ、そういう用途に常用しようかと思ったり。

昼。


野菜あんかけ丼、ハコベとノビルの味噌汁。
最初、野菜を炒めはじめたときには、野菜タンメンにしようと思っていたのが、炒めながら、これ焼きそばでもいいなあ、あっ、あんかけ焼きそばはどうだ、おっと昨日のごはんが残ってんな、あんかけ炒飯もいいかも、で、最終的に麺とかごはんを別に炒めるのがめんどくさくなって、白いごはんにのっけるという変遷をたどったのであった。昨日のじゃこピーも、最初はじゃこおろしにするつもりだったちりめんじゃこを、なんとなくごま油で炒めてしまい、あー、ピーマン早く使っちまわないと、でピーマンを入れるという感じで、わたしの場合、ほとんどの食事は、つくっているうちに最初に考えていたものとは違う姿になり果てるのであった。こういうのを臨機応変とはいわない、むしろその逆、はっきりいえば行きあたりばったり、ということは知っている。

食後はスペアミント緑茶。


爽やか。


8日(月)

東へ行ってきた。


9日(火)

西へ行ってきた。


10日(水)

朝。


昨日、えびめしを買った店の並びで売っていた穴子せいろめし。あったかい状態で売っていて、車内で食べるつもりだったけど、混んでいたのでそのまま持って帰ってきたのだった。木製の容器の底には穴があけられているので蒸せばいいのだけど、時間がないので冷たいまま食べた。残念。

晩酌。


お正月デリカシーが半額であった。