2017-10-10

日々雑記 2017 Oct. #1

1日(日)

朝。


昨日中華三昧で贅沢したので、ところてんに煎り胡麻ぱらり。鉢の柄(オリーブ)をたまには。ボウルもイタリアから来て、まさかところてんを盛られるとは思いもしなかっただろう。大丈夫です、よくお似合いです。

昼。


蒸し茄子胡麻和え、きゅうり味噌漬け、みょうがごはん、板麩とわかめの味噌汁。

「缶詰・乾物・冷食消費プロジェクト」、本日は魔窟(食料品を収めている戸棚)の点検。缶詰や乾物をすべて取り出し、賞味期限などをチェックしていたところ、数年前に開封したベトナムコーヒーの粉が出てきた。缶に入れて密封していたので、大丈夫だろう(たぶん)。一応たしかめてみることに。


風味は落ちているけど、案外イケる(ミルクでごまかしている気もするが)。まあ早めに飲み切ってしまおう。

晩酌。


アテは拌茄泥と老虎菜。昼に茄子を一袋ぶん蒸したので、それを使用。拌茄泥には香菜を使うけど、一袋はさすがに使い切れないので、老虎菜をセットに。拌茄泥、泥状の茄子というだけあって見た目はなんだが、美味い。皮をむいて蒸した茄子を適当に裂いて、ざく切りにした香菜と合わせ、練り胡麻、おろしにんにく、塩、ごま油、隠し味にほんの少しの砂糖と黒酢を入れたタレで和える。ニラなんか入れても美味い。老虎菜は刻んだきゅうり、香菜、白髪ねぎ、ピーマン、青唐辛子を塩とごま油で和えたもの。見た目ただの野菜の和え物なんだけど、青唐辛子がガツンと辛いというところを、年寄りでも虎は虎、見くびっていたらやられるぞ、と洒落た命名。美味いですよ。


2日(月)

朝。


トースト、ミルクコーヒー。

昼。


残り物一掃うどん。刻んだにんにく、しょうが、ねぎ、赤唐辛子をごま油で炒め、昨夜の老虎菜用に刻んだ野菜の残り(味つけしてない状態)を炒め合わせて味噌と大量のすり胡麻、拌茄泥のちょっとだけ残ったタレを加え、水を注いで軽く煮込んだものを茹でたうどんにかけたの。出汁要らず。いちからつくるときは、キャベツ、にんじん、きのこなんかでつくると美味い。

晩酌。


アテはニラ豆腐。まさに3分クッキング。


3日(火)

朝。


ヨーグルトに野いちごジャムと冷凍ブルーベリー。今年の野いちごジャムはこれで終了。

昼。


もやし、ねぎ、赤唐辛子、香菜のラーメン。


4日(水)

朝。


キャベツの外側の葉とじゃがいものスープ。

昼。


舞茸と野菜のごま味噌ラーメン。野菜はキャベツ、にんじん、もやし。こないだの残りもの一掃うどんの中華そばバージョン。なぜなら中華そばが3袋89円だったのだ。

そろそろ本気でかからねばと、放置していた仕事に着手して2時間経過。部屋がキレイに片づいていた。よくある怪現象とはいえるが、解せぬ。

晩酌。


寒いので熱燗と、豆腐の雉子焼き。豆腐の雉子焼きは、重しをして水を切った豆腐を適当に切って、酒と醤油を同量合わせたタレ(好みで味醂を加えてもよい)に浸して両面を網焼きする。酒のアテには1回つけ焼きでいいけど、ごはんのおかずにするなら、焼いては浸しを2、3回するといい。タレが余ったら、昼の残りの舞茸を浸して焼くのだ。


うめえんだ、これがまた。


5日(木)

昨夜酒飲んで夜更かししたおかげで起きるのが遅くなった。家で朝ごはんをつくる時間がなく、駅前のコンビニで辛子明太子と昆布のおにぎりを買って車内で食べた。出先へは最寄駅からバスで行く。バスを降りてから10分ばかり長閑な道を歩くのだけど、今日は側溝の中でどつきあいをしているザリガニをじっと見ていて危うく遅刻するところであった。阿呆かワシは。

仕事は無事にすませ、遅れている電車を待ちながらホームのベンチで文庫本を読んでいたら、隣に座ったおばちゃんが熱心に読んでいる小冊子の「日常に生かす SHINNYO のコトバ 『錫杖』」というページが目に飛び込んできて、生かすって「錫杖」というコトバをどう生かすのか、もう気になって気になって読書どころではなくなってしまった。どないしてくれますの。

帰宅、遅い昼食。


ソース焼きそばーん。中華そば、安いからって3袋買ってしまったから。

夕方、久しぶりに近所を散歩。


すっくと立つアオサギ(かっこいい)


いい色だなあ。

夜、カズオ・イシグロのノーベル文学賞受賞の報を聞く。「日本出身」っていったって、5歳の時に英国に渡って、英語で書いている英国人の作家なんだから、日本人枠に入れて騒いでいる人々はちょっと落ち着いてほしい。


6日(金)

朝。


食欲がなく、やかんいっぱい沸かした番茶と梅干し。

昼。


素干しエビ、キャベツ、ねぎの塩焼きそばーん香菜トッピング。

晩。


寒いからね。鍋ね。


7日(土)

朝。


とろろ昆布うどん。

一昨日から、「おにぎりアクション 2017」が始まっていた。



ということで、今年も某呟き処にて参加。


梅おかかの海苔巻きおむすび、釜揚げしらすとねぎのたまご焼き、トマトと玉ねぎのマリネ、きゅうりとみょうがの味噌漬け、キャベツと薄揚げの味噌汁。


8日(日)

昼。


仕事が佳境に入り、飯づくりに時間をかけていられないので、塩むすびにタクアンに番茶。なぜだろう、某呟き処では、わりとがんばっておかずをつくった昨日のより評判がいいのは。

おやつ。


Flavor の抹茶ブラウニーにほうじ茶。

晩酌。


えのきだけの敷き味噌、醤油豆、きゅうりと白菜の簡単漬け。
敷き味噌は煮切り味醂と味噌を混ぜたものを器に敷いて、30秒ほど茹でたえのきだけと刻みねぎを載せた。これをちょいちょいと混ぜながら食べる。醤油豆は酒を煮たててアルコールを飛ばし、醤油を加えて市販の蒸し大豆を漬けこんだだけ。漬物は刻んだきゅうり、ざく切りにして一瞬湯通しした白菜を冷まして水気を絞ったものを、それぞれポリ袋に入れ、昆布茶、塩、ほんの少しの砂糖を加えて揉んだもの。白菜には輪切りの鷹の爪を入れた。ごま油を加えても美味い。


9日(月)

朝。


りんご。食べて、あっと思って調べたら、今年のコックスやブラムリーの予約販売期間が終わってしまっていた。グラニースミスはまだいけるみたいだけど、どうするかな。

昼。


昨夜の醤油豆を混ぜ込んだごはんのおむすび、タクアン、ほうじ茶。
大豆のごはんにはほうじ茶一択。

トマトが怪しくなってきたので、水煮大豆、さんま味つけ缶などと煮込んでカレーを作成(乾物・缶詰・冷食消費プロジェクト)。


これ、やはり、おむすびにかけるべきなのだろうか。

本日、在宅仕事のヤマは越えた。しかしまだもう少しやらねばならぬ。疲れた。


10日(火)

思えば昨日はそれでもまだ余裕があった。今日はファストフード生活。朝はりんごを丸かじり、昼は醤油豆ごはんの残りにインスタント味噌汁をぶっかけて湯を注ぎ、ぐるぐる混ぜて掻っこんだ。写真はない。とにかく今日で仕事は終わらせたい。というか終わらせないといかんわけだが。ふと窓の外に目をやると、空が美しかった。


仕事ですさみきった気分がほどけていく。

ああ、尻がごうごうと燃えている。焼け死なんように、とにかくやります。では。

2017-10-01

日々雑記 2017 Sep. #3

21日(木)

朝から用事ででかける。昼過ぎに片づいたので、出先の近所の インド食堂 TADKA でお昼。開店してさほど時間はたっていなかったが、相席でいいかと尋ねられる。さすが人気店。入口のところで先に注文・清算して、席に着いて、置いてあるステンレスのコップに勝手に水を注いで飲みながら待つ。水が常温なのがよい(冷たすぎるものが苦手)。


ベジミールス(メニューにはノンベジもある)。ふふふ。まずはカトゥリを取り出し、パパドゥを割って場所を空け、ライスを広げて、いただきます!カレーを1種類ずつ、また2種類混ぜて、砕いたパパドゥやサブのおかずを混ぜたりと、これが楽しくてミールス好きなのだ。美味しかった。

夕方、東山あたりをぶらぶら歩いた。白川の白い芙蓉がきれいだった。




明日明後日と遠出するので、保存のため、なめたけに火を入れておこうとして、うっかり焦がしてしまった。無念。


22日(金)

金沢へ。詳細は別に書くことにして、日記には食べたものと、写真を1枚だけ。

お昼は商店街を歩いていて見つけた、なかなか攻めてるお店で。


無難に天とじうどん。

夜はやっぱり


お寿司ですね。回ってますが、だれも回っているのをとりません。もうわかっていますので、わたしもとりません。

本日の1枚。


兼六園で、手を伸ばせば触れるくらいの距離に来たアオサギ先輩。びっくりした。


23日(土)

朝は駅ビルのパン屋さんのイートインコーナーで。


フィッシュサンド、ハッシュドポテト、オレンジのロールパン、コーヒー。

食べたら能登へ。

お昼は、能登ですからね。やっぱりね


海鮮丼でしょう。

本日の1枚。


屋根の上の美男子。


24日(日)

朝。


トーストと目玉焼き。

昼。


きざみそば。昨日一昨日と贅沢したので、いつも通りの食事が、まあみずぼらしく感じられること。

午後、nowaki さんへ、「ペットショップにいくまえに 2017」の展示を見に行く。あたたかい気持ちでえがかれた、あたたかい絵はほんとうにいい。どれも素敵で見入ってしまった。お店の方もとても感じのよい方で、話しかけられると緊張しがちなわたしもすぐリラックスしてしまった。


ほかにほしいものはいくらでもあったけど、今回はぐっとこらえて、展示関係のものだけ購入(左上のものは、いただいたフリーペーパー)。某呟き処で、あとになって知ったのだけど、出展されていた片桐水面さんがお店にいらしていたそうな。もっと早く行ってたらお話しできてましたねー、なんていってみたのだけど、緊張しいのわたしは、実際にお会いしたらおそらく凝固する。片桐さんも緊張しいだそうで、これは実際にお会いしたら「あ、どうも」って挨拶したっきり、無言のふたりが並んで作品見てたかもしれませんねという話になり、しかしそれはそれで面白いような気もした。

夜、食料の備蓄を点検、どうも保存性の高いものをため込む傾向にあり、同じ種類のものがたくさんあったりして効率がはなはだしく悪い。わたしは麩や春雨やコチュジャンをこんなにどうするつもりなのか。あとサバ缶。とりあえず、いま大量にあるものを消費するまで新しいものは買わない、その後は「使ったら買う」を心がける、をモットーに、「缶詰・乾物・冷食消費プロジェクト」を敢行する(何度目だ)。ということで、使ってしまうべき缶詰を目につくところに出しておき、晩酌のアテには麩とわかめ(乾物)と玉ねぎ、にんじんの炊いたのを作成。


なんてことないものだけど、美味い。


25日(月)

朝。


チーズ入りマッシュポテトを載せて焼いたパン、ベトナムコーヒー。マッシュポテトはお湯を注いでつくるインスタントの(缶詰・乾物・冷食消費プロジェクトはじまりました)。パンは魚焼きグリルで焼いた。いもに焼き色がつくまで、と思ったけど、その前にパンが真っ黒になりそうだったので断念。

晩酌。


朝の残りのマッシュポテトを耐熱皿に敷いてシュレッドチーズを大量にぶち込み、ポテトで覆って焼いたもの。たいへん美味いが、熱量に関しては考えない方がよろしかろう。


26日(火)

朝。


トースト、煮りんご、コーヒー。塗りの皿に金属のフォークはちょっとビクビクものなので、小さい木のフォークを探そう(輪島で買ってくればよかった)。

どうしても今日中にしないといけないことが10時半には片づいたので、必ずしも今日やらなくていいことは先延ばしにすることにして、今日は休んじゃうことに決定。

昼。


ちりめんじゃことピーマンとさやいんげんの焼きそば。さやいんげんは冷凍の(缶詰・乾物・冷食消費プロジェクト)。3食入りの袋を買ったので、これから3日間、昼めしは焼きそばになる。いや別に朝めしを焼きそばにしていけない理由はない。理由はないが、わたしが耐えられない。中学、高校のころは朝から(ときには夜中に起きて)カレーとかラーメンとか平気で食べていたが、あれは本当にわたしだったのか。別人じゃないのか。

食べたら出かける。久しぶりに府立植物園で植物成分を大量摂取することにした。ここの植物生態園が大好きなのだ。途中カメラがバッテリー切れしたけど、もらいもののiPhoneのカメラがあってよかった。写真は整理して別にまとめようと思う。

本日の1枚。


熱帯スイレン。


27日(水)

朝。


トーストに「塗るチーズ」、コーヒー。

昼。


にんじんとさやいんげんとたまごの焼きそば。


28日(木)

朝。


梅粥。

昼。


ちりめんじゃことピーマンと青じその焼きそば。


29日(金)

朝。


バターを塗ってから焼いたトースト、コーヒー。

昼。


にんじんと玉ねぎとさやいんげんの炒飯(味つけはサンバルとナンプラー)に、目玉焼きのっけ。これで冷凍さやいんげんはおしまい。


こないだいただいてきた「ペットショップにいくまえに 2017」京都展のDMを飾った。カードホルダーは信楽焼の狸。これしか持ってないのだ。猫&狸。


30日(土)

朝。


トースト、白桃の豆乳飲料。

食べたら大阪へ。まずは北浜でお昼。


西安料理 婺州府 にて


かに玉定食。かにはアレだな、うん。でも美味いよ。しかし「西安料理」のお店なのに、わたしはここで西安の名物料理っぽいものを食べたことがない。

中之島へ向かう。途中北浜から淀屋橋まで地下道を通ったら


オンリー自販機ローソン。ローソンである意味が不明である。変わってんな、大阪。

国立国際美術館に到着、地下1階でヤツの登場を待つ。0のつく日はヤツが出るというので、わざわざこの日を選んだのだ。チャンスは1日2回、各10分間だ。さて時間だ。どんな風に登場するのかと思ったら、しずしずと歩いてきた。音楽もMCもなし。地味に登場したヤツの名は


タラ夫。すね毛がチャームポイントの、本展示のマスコットだ。登場が各回10分のみというのもうなづける。中の人これ前かがみだわ。つらいわ。静かに登場したタラ夫、あっという間に人々に取り囲まれ、記念撮影がはじまる。撮影が済むとお辞儀をしてお見送りする、礼儀正しいタラ夫。


うわ、寄ってきた


タイムアップ。おねえさんに先導され、しずしずと帰っていくタラ夫。帰りながらも請われるとポーズをとりサービスするタラ夫。お疲れさまでした。

展示を観る。たいへん混雑している。ブリューゲルやボスのけったいなモノてんこ盛りの絵を見るのだからと持参した単眼鏡が大活躍。目玉の「バベルの塔」、最前列で見たい者は立ち止まって見てはならぬと係員の方々が常に呼び掛けているという、到底落ち着いて見てなどいられない状況であった( このときもそうだった→ 「ちと遅くなりましたが美術展のことなど 3――「マウリッツハイス美術館展」編(後)」 )。

ひととおり見たあとで、入口のところまで戻り、また見たいものを見ていった。15世紀の木彫がとてもよかった。絵の方は、ボスの描く鳥、とくにフクロウが好きだな。今日は夜間開館日なのでか、来た時よりも人が増えていてたいへんだ。

観終わって外に出ると、すっかり日が暮れていた。夜のバラ。


天満の 中華食府 双龍居 で晩ごはん(また中華)。


トマトと玉子の炒めもの。これ大好き。あと、海老入りニラ玉子焼き餃子が美味かった。

自分用の土産には活版ポストカード。


かわいい。


あとTシャツも買っちゃった。七つの大罪「大食」柄のとどっちにしようか迷って結局これ。わたしの謎Tシャツコレクションに新たな一着が加わった。